経営計画実行支援

トップページ >経営計画実行支援

 経営計画の立案と予実管理を中心とした経営活動により、将来を見据えた経営上の『意思決定(先見経営)』と『リスク管理(先行管理)』が可能になります。

 

 この先見経営・先行管理の仕組み…いわゆる『Plan-Do-See』の経営サイクルの確立があなたの会社をよりよい会社にします。

 

 新開税理士事務所では、経営サイクルを構築するためのサポート「MAS監査サービス」をご提案いたします。

先行管理

「予定2表」により来月以降の「損益・資金見通し」確認し、

資金手当等が必要な場合は早めに手を打ちます。

 

この時、売上見通しを変更しながら資金繰りの検討をおこなうと、

より現実的な「先行管理」が実現します。

先行管理

予実管理

予実管理

「経営3表」により

計画実績ズレをタイムリーに把握します。

 

これにより、ズレの原因に対して常に先手を打つことが可能になります。

いちげつ経営会議

 

経営幹部と「経営3表」をもとに「いちげつ経営会議」をおこない、

前月の結果を確認するとともに、今月以降どう手を打つかを

決定します。

いちげつ経営会議

具体的には

  1. 売上、主要経費、経営利益等の損益の達成状況を確認し、目標利益を確保するために検討をおこないます。
  2. 売上分類別の売上達成状況を月別に確認し、今月以降の販売活動と売上見通しを検討します。行動計画(戦術)の見直しを繰り返しおこなうことにより目標達成の意識が根付き幹部の育成にも繋がります。

【パンフレット】-PDF

お問合わせ

お問合わせ 082-241-8309

将軍の日|中期計画立案セミナー

アクセスマップ

〒730-0037

広島市中区中町8番6号 フジタビル3F

TEL:082-241-8309 FAX 082-243-8319

【交通】

広電 電車[袋町]下車 徒歩5分

新開好江ブログ

新開税理士事務所のスタッフブログ


ページの先頭へ